鍍材協について
日本鍍金材料協同組合(略称・鍍材協とざいきょう)は、めっき薬品・材料・機械設備の販売または製造を行う企業が組合員となって組織された事業協同組合です。鍍材協は、組合員が互いに協力して事業活動を行い、自主的な経済活動を促進し、その経済的地位の向上を図ることを目的として設立されました。

鍍材協は、月刊情報誌「鍍金の世界」の発行、技術書「めっき技術ガイド」の発行、技術便覧付「めっき手帳」の発行をして、組合員企業および関連企業に表面処理技術・情報の提供をし、さらに表面技術要素展「SURTECH」を開催して、広く一般公開することにより、表面処理の価値の認識と理解を深めていただくための事業活動を行っています。
概要
名称 日本鍍金材料協同組合
所在地 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2丁目13番8号
電話番号 Tel:03-3666-2416 Fax:03-3666-3114
創立 昭和22年11月1日
設立 昭和43年1月26日
出資金 3,630万円(令和3年4月1日現在)
組合員数 56社(令和3年4月1日現在)
理事長 倉田 裕理子
主な事業 表面技術要素展「SURTECH」開催
月刊情報誌「鍍金の世界」発行
技術便覧付「めっき手帳」発行

沿革
昭和22年11月 東京都の認可により「東京鍍金材料商工業組合」設立
昭和25年5月 協同組合法により「東京鍍金材料商業協同組合」に改組
昭和27年3月 協同組合解散後、同時に任意組合「東京鍍金材料商組合」に改組
昭和43年1月 「東京鍍金材料協同組合」設立
平成10年5月 「日本鍍金材料協同組合」に名称変更
平成29年7月 組合創立70周年 記念祝典開催